百十郎 白炎(びゃくえん) 純米吟醸 生原酒 マイナス5度熟成 720ml
爽やかな瓜のような上立ち香。フレッシュ感溢れる力強い旨みとピリピリとした酸が心地いい!
百十郎 白炎(びゃくえん) 純米吟醸 生原酒 マイナス5度熟成 720ml
1,760円(税160円)
17 ポイント還元
購入数

21HHH01403421_m
百十郎 白炎(びゃくえん) 純米吟醸 生原酒 マイナス5度熟成 720ml
1,760円(税160円)
17 ポイント還元

爽やかな瓜のような上立ち香。フレッシュ感溢れる力強い旨みとピリピリとした酸が心地いい!


2019年に特許を取得した「無添加乳酸菌発酵製法」で最初に醸した酒であり、今期の酒造りの新酒第1号でもあった「白炎」を、マイナス5℃で熟成させました。

上立ち香は爽やかな瓜のよう。口に含んだ瞬間、フレッシュ感溢れる力強い旨みを感じたかと思えば、ジワジワと深みのある味わいに変化。

後味はピリピリとした酸が心地よく食欲を刺激して、もう一口もう一口と飲み進めたくなる感覚に襲われます。熟成酒には珍しい、キレの良いドライなタイプ。

「百十郎」は地元・岐阜県各務原市出身の歌舞伎役者で、地元に1200本もの桜を寄与した故・市川百十郎氏に因みます。

同氏の植えた桜(百十郎桜)が大勢の人々を引き寄せ笑顔にするように、飲んだ人を笑顔するコミュニケーションのツールとなる酒でありたいという想いを込めて名付けられました。

蔵元紹介

大正9年創業、2020年に100周年を迎えた酒蔵です。

現蔵元は5代目女性社長の林 里榮子さん。

長年、「榮一」という銘柄で地元に愛されてきましたが、平成23酒造年度に地酒専門店限定ブランドとして「百十郎」を立ち上げました。

この酒名の由来にもなった地元出身の歌舞伎役者・市川百十郎氏は、地元に1200本もの桜(にほんさくら名所百選にも選ばれる百十郎桜)を寄与したことでも有名です。

同氏の植えた桜のように、大勢の人々を引き寄せ、飲んだ人を笑顔にするコミュニケーションのツールとなる酒でありたいという想いが込められています。

2019年には「無添加乳酸菌発酵製法」で特許を取得するなど、伝統を守りながらも常に新しい未来を創り続けています。

商品名・容量 百十郎 白炎(びゃくえん) 純米吟醸 生原酒 720ml マイナス5度熟成
蔵元 株式会社林本店(岐阜県)
アルコール度数 17%
使用米 五百万石
精米歩合 60%
おすすめの温度 5〜10℃前後
おすすめの酒器 口径の広い陶器の平盃
相性の良い料理 焼き牡蠣、カマスの塩焼、真鯛のカルパッチョ、鶏のもも炭火焼(塩) たら鍋、かに玉など
▼ 味わい
ライト フレッシュ フルーティ ソフト
     
シャープ ドライ スイート リッチ
 
この商品を購入する

おすすめ商品
RECOMMENDED ITEMS

この商品を買った人は
こんな商品も買っています