伯楽星 純米吟醸 720ml
日本酒初心者にオススメ!香りや甘みを極力抑えて醸された「究極の食中酒」。
伯楽星 純米吟醸 720ml
1,650円(税150円)
16 ポイント還元
購入数

04NZH01401121
伯楽星 純米吟醸 720ml
1,650円(税150円)
16 ポイント還元

【日本酒初心者にオススメ!】香りや甘みを極力抑えて醸された「究極の食中酒」。


酒そのものにはインパクトを持たせず、香りや甘みを極力抑えて醸された「究極の食中酒」。

宮城県産の酒造好適米「蔵の華」のシャープな特長を最大限に生かし、滑らかな口当たりから繊細ですっきりとした味わいが広がったかと思うと、パッと消える疾走感が唯一無二。

飽きの来ない酒質で、3杯目あたりから徐々に旨味を増していきます。

いつもより不思議と杯も食も進む、そんなお酒です。


「伯楽」とは中国の故事にある馬の目利きのこと。

蔵の地元の三本木には伯楽が育てた馬が天に上ったという伝説があり、それが「伯楽星」の由来になりました。

お客様に品質を見抜いていただきたいという想いも込められています。

蔵元紹介

創業1873年。「究極の食中酒」をテーマに、食を引き立てる名脇役を目指す蔵元です。

五代目の新澤巖夫氏は、大学在学中より数々のきき酒大会で優勝するなど卓越した味覚の持ち主で、宮城県初の自社杜氏にして宮城県最年少杜氏(当時)として廃業に傾いていた蔵を再建させました。

しかし、2011年の東日本大震災で蔵は全壊してしまいます。

それでも新澤氏の不撓不屈の精神と彼を慕う蔵人と大勢のボランティアの助けにより、仕込み蔵(製造部)を柴田郡川崎町に移転、同年中に奇跡の復活を遂げました。

2016年には日本最大の利き酒審査会「SAKE COMPETITION」にて「あたごのまつ」が第一位を獲得し、見事日本一に輝きました。

現在は新杜氏に当時22歳だった渡部七海さんを大抜擢し(全国最年少女性杜氏)、更なる酒質向上に邁進しています。
商品名・容量 伯楽星 純米吟醸 720ml
蔵元 株式会社新澤醸造店(宮城県)
アルコール度数 15%
使用米 蔵の華(宮城県産)
精米歩合 55%
おすすめの温度 10℃前後
おすすめの酒器 口径の狭い中背のグラス
相性の良い料理 魚介類全般(特に貝類や白身魚とは相性抜群)、 出汁系、 燻製もの、 チーズ類、 スモークサーモンや生ハムのサラダ、 牡蠣のキッシュ、 鮑の姿煮、 フカヒレスープ など
▼ 味わい
ライト フレッシュ フルーティ ソフト
     
シャープ ドライ スイート リッチ
     
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています