NIIZAWA 純米大吟醸 2021 720ml
【高級酒 限定品】毎年作家が変わる!コレクションしたい一本!350時間かけて自家精米し、酒造技術の限界に挑みました!
NIIZAWA 純米大吟醸 2021 720ml
66,000円(税6,000円)
660 ポイント還元
購入数

04NZN01607121
NIIZAWA 純米大吟醸 2021 720ml
66,000円(税6,000円)
660 ポイント還元

【高級酒 限定品】毎年作家が変わる!コレクションしたい一本!350時間かけて自家精米し、酒造技術の限界に挑みました!


究極とは何か? これが一つの答えかもしれません。
世界最小級の精米歩合「7%」(=米を表面から93%削る)。
契約栽培米「蔵の華(くらのはな)」を350時間かけて自家精米し、酒造技術の限界に挑みました。
1年間の氷温熟成を経て完成されるその味わいは限りなくクリア。うっとりするほどの長く甘美な余韻に、しばし時を忘れます。

また熟成を楽しむ1本としてもおすすめです。

アートの普及活動を行う一般社団法人 WORLD ART DIALOGUEが、毎年世界トップレベルのアーティストを表彰し、
その絵画を世界最高レベルの日本酒のラベルに採用するプロジェクト「NIIZAWA Prize by ARTLOGUE」。

NIIZAWA 2021は 森 万里子 氏を採用しております。 世界各国の国際展に参加し、美術館で個展も多数開催。
主要美術館に多数コレクションされています。
<主な個展>
「ピュアランド」東京都現代美術館(2002)、「Rebirth」ロイヤルアカデミーオブアーツ、ロンドン(2012) 
<主なパブリックアート>
豊島(香川)の「トムナフーリ」(2010)、リオオリンピック公式文化プログラム『Ring:One with Nature』(2016)、虎ノ門ヒルズビジネスタワー「Cycloid V」(2020) 
<主な受賞歴>
1997年 第47回ベニスビエンナーレ優秀賞、2001年第8回日本藝術奨励賞。2014年ロンドン藝術大学より名誉フェロー授与。

蔵元紹介

創業1873年。「究極の食中酒」をテーマに、食を引き立てる名脇役を目指す蔵元です。五代目の新澤巖夫氏は、大学在学中より数々のきき酒大会で優勝するなど卓越した味覚の持ち主で、宮城県初の自社杜氏にして宮城県最年少杜氏(当時)として廃業に傾いていた蔵を再建させました。しかし、2011年の東日本大震災で蔵は全壊してしまいます。それでも新澤氏の不撓不屈の精神と彼を慕う蔵人と大勢のボランティアの助けにより、仕込み蔵(製造部)を柴田郡川崎町に移転、同年中に奇跡の復活を遂げました。2016年には日本最大の利き酒審査会「SAKE COMPETITION」にて「あたごのまつ」が第一位を獲得し、見事日本一に輝きました。現在は新杜氏に当時22歳だった渡部七海さんを大抜擢し(全国最年少女性杜氏)、更なる酒質向上に邁進しています。
商品名・容量 NIIZAWA 純米大吟醸 2021 720ml
蔵元 株式会社新澤醸造店(宮城県)
アルコール度数 16%
使用米 蔵の華(宮城県産契約栽培米)
精米歩合 7%
おすすめの温度 10℃→15℃
おすすめの酒器 大ぶりのワイングラス
相性の良い料理 脂の乗った白身のお造り、 旬の貝類、 牛タン、 ヴィシソワーズ、 ブルーチーズ、 メロンなど
受賞歴 MILANO SAKE CHALLENGE 2019 純米大吟醸部門 プラチナ賞
▼ 味わい
ライト フレッシュ フルーティ ソフト
   
シャープ ドライ スイート リッチ
   
この商品を購入する