【先着販売】『射美ブクロ マイナス5度熟成バージョン』(6本セット) 杉原酒造オリジナルコースター付き!【6月23日~発送開始】
最短30分で完売の「射美ブクロ」2022年度 第四弾!マイナス5度熟成でどんな味になっている!?杉原酒造オリジナルコースタープレゼント!
【先着販売】『射美ブクロ マイナス5度熟成バージョン』(6本セット) 杉原酒造オリジナルコースター付き!【6月23日~発送開始】
14,850円(税1,350円)
148 ポイント還元
sakeset74
【先着販売】『射美ブクロ マイナス5度熟成バージョン』(6本セット) 杉原酒造オリジナルコースター付き!【6月23日~発送開始】
14,850円(税1,350円)
148 ポイント還元

最短30分で完売の「射美ブクロ」2022年度 第四弾!マイナス5度熟成でどんな味になっている!?杉原酒造オリジナルコースタープレゼント!


美味しい「射美」と共に、日本全国のまだ知らない日本酒を発見しませんか?
日本全国のこだわりが詰まった今回の「射美ブクロ」には、 「射美 マイナス5度熟成バージョン」が必ず1本入っています!
さらに!醸造元である杉原酒造さんのオリジナルコースター入りです!
※下記商品のマイナス5度熟成バージョンがいずれか1本必ず入ってきます!
・射美 吟撰
・射美 WHITE
・射美 WHITEにごり
・射美 特別純米にごり
・射美 BARREL
※銀行振込・コンビニ決済などで期限内に決済頂けなかった場合はキャンセルとなります。キャンセルの場合は予告なく在庫が復活する可能性もあります。
※お一人様1セットのみでお願いいたします。

セット内容

⑴射美(いび) マイナス5度熟成バージョン 720ml×1
⑵全国のこだわりの美味しい日本酒 720ml×5
⑶杉原酒造 オリジナルコースター×1 (プレゼント!)
+お酒の説明書「SAKEシート」

「射美」についてはこの動画をご覧ください!



口に含んだ瞬間にとろみのある丸い甘みにうっとり!

岐阜県揖斐郡(いびぐん)の杉原酒造さんが醸す、デザートワインのような甘口の日本酒「射美(いび)」。
口に含んだ瞬間にその果実香ととろみのある丸い甘みにうっとり!
日本酒ファンの間では「超レア」「また売り切れ…」「うまい!」と人気を博しています!
時には、定価の何十倍の価格になってしまうことも…

なぜここまで有名になったの?

一躍注目を浴びてここまで有名になったきっかけは「日本一小さな酒蔵」という番組。
大垣ケーブルテレビさんはこの番組「日本一小さな酒蔵」で日本ケーブルテレビ大賞を受賞し、それをきっかけに全国に「射美(いび)」の名が知れ渡りました。
杉原酒造さんは、この番組名の通り年間製造量約60-70石という日本一小さな酒蔵。
岐阜県農業試験場の職員で米オタクの高橋宏基氏の20年にわたる研究の末に生み出された「揖斐の誉」という酒米(山田錦と若水の交配種)を地元契約農家と協働で栽培し、使用。
この生産量の少なさと、人気の高さで、一般の酒販店では滅多に手に入らない代物です!

射美の販売情報はこちらのページへ
https://shop.sakurasaketen.com/?tid=3&mode=f10

「射美」以外にはこんな蔵元のお酒が入っています!

何が入っているかは開けてからのお楽しみ♪
八戸酒造(青森県) 【陸奥八仙】青森県産の米と酵母にこだわり、仕込み水は八戸・蟹沢地区の名水を使用。環境と健康に配慮した安全で美味しい酒造りに挑戦しています。IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2019での金賞受賞をはじめ、世界の名だたるコンテストでの受賞歴を誇る蔵元です。
新澤醸造店(宮城県) 【伯楽星】【あたごのまつ】「究極の食中酒」をテーマに、食を引き立てる名脇役を目指す蔵元。新杜氏に当時22歳だった渡部七海さんを大抜擢し(全国最年少女性杜氏)、更なる酒質向上に邁進しています。
萩野酒造(宮城県) 【日輪田】【萩の鶴】外行きのドレスではなく、毎日着られて心地の良い上質な普段着のような酒を目指しています。理論に裏付けされた高度な醸造技術と貯蔵管理が深みがあるのに軽く飲み疲れしない酒を可能にしています。
勝山酒造(宮城県) 【勝山】【戦勝政宗】遠心分離機による贅沢な搾り、世界中のあらゆる料理とのマリアージュを狙った勝山の新日本酒はこれまでの常識を打ち破る新しい価値観を提供し続けています。新時代を切り開く革新的な蔵元でもあります。
ほまれ酒造(福島県) 【からはし】 「会津ほまれ」の銘柄で会津を代表する酒蔵の一つ。IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)にて4年連続でメダルを獲得、全国新酒鑑評会では12回の金賞受賞など国内外で高い評価を得ている今話題の蔵元です。
外池酒造店(栃木県) 【望】【燦爛】昭和12年(1937年)創業と、業界の中では比較的新しい酒蔵。⑴無濾過、⑵原酒(16度)、⑶アルコール無添加(純米酒)を条件に生み出される「望」は、世界的な品評会でも高く評価され、数多くのタイトルを受賞してきました。
島岡酒造(群馬県) 【群馬泉】 味わい深くも切れの良い酒にするために選んだのは昔ながらの山廃造り。華やかさとは無縁の、けれども飲み続けることでしみじみと旨さを感じ、気付けば何杯も重ねている、そんな個性を持っています。
角口酒造店(長野県) 【北光正宗】 長野県全体が甘口傾向にある中、雪国の人たちが求めたのは「軽くて味があって切れの良い酒」。「地元の人たちに愛されてこそ本当の地酒である」という信念のもとに造られた酒。
御代桜醸造(岐阜県) 【津島屋】【御代桜】120年以上の歴史を有し、「希薄になりつつある絆を大切にし、ヒトとヒトを繋ぎ、飲むヒトを笑顔にする酒でありたい」との願いを込めて醸す酒蔵。
大塚酒造(岐阜県) 【竹雀】 「竹雀」は、力強く奥深い味わいが今注目を浴びています。目指すは腰の強さとキレを併せ持つ、飲み応えのする旨酒。特に「山廃」に力を入れています。
林本店(岐阜県) 【百十郎】 大正9年創業、2020年に100周年を迎えた酒蔵です。2019年には「無添加乳酸菌発酵製法」で特許を取得するなど、伝統を守りながらも常に新しい未来を創り続けています。
高嶋酒造(静岡県) 【白隠正宗】 静岡県沼津市は富士山の麓にて文化元年(1804年)創業。200年近く地中を流れてきた霊峰富士の雪解け水を仕込水に、「まろやかでありつつキレの良い酒」を醸す蔵元。吟醸王国・静岡にあって、ひときわ異彩を放つ新進気鋭の蔵元です。
丸井合名(愛知県) 【樂の世】 木曽川水系の伏流水を地下40mの井戸から汲み上げ、但馬杜氏による昔ながらの山廃仕込みでお米の味をしっかり出す芳醇濃厚な酒造りを得意とする蔵元。
清水清三郎商店(三重県) 【作】【鈴鹿川】国内外のコンテストで賞を総なめ! 今最も評価の高い酒蔵の一つ。小規模仕込みで丁寧な酒造りを行っています
寒紅梅酒造(三重県) 【寒紅梅】かつて家族の手造りの梅酒が主力商品でしたが、元「東一」蔵元の醸造責任者・勝木慶一郎氏の技術指導を受けたことで、日本酒の芽が一気に開花した酒蔵。JAL国際線ファーストクラスのラウンジにもオンリストされました。
冨田酒造(滋賀県) 【七本鎗】創業が天文年間(460年以上前)という、全国でも屈指の古い歴史を有する酒蔵。昔ながらの酒造りを今に伝えるべく、現15代目(浅野忠信似のイケメン杜氏)が酒を醸しています。 
相原酒造(広島県) 【雨後の月】 広島酒の特徴として、花崗岩(御影石)の土壌から生まれる超軟水の水質が「濃醇旨口」の酒になることで有名ですが、「雨後の月」はよりすっきりと、上品で軽やかな酒質を目指し、その地位を確立。広島の酒造りを牽引する蔵元です。
石鎚酒造(愛媛県) 【石鎚】 創業大正9年。西日本一高い山「石鎚山」のふもとに位置する当蔵に湧く水は、もっとも清廉でミネラルたっぷり。口当たりすっきりながらも芯の通った旨みがあります。家族4人で完全手造りの酒を醸しています。
アリサワ(高知県) 【文佳人】数々の受賞歴を誇る実力派の蔵元。「搾るまでは手間をかけ、搾ってからは手を加えず」をモットーに、昔ながらの槽(ふね)で丁寧に搾るなど、日本酒本来の旨さを追求しています。
澄川酒造場(山口県) 【東洋美人】蔵元兼杜氏の澄川宜史さんは、かの「十四代」醸造元・高木酒造さんで修行し、若手No.1の造り手とも称された存在です。
みいの寿(福岡県) 【三井の寿】「酒造りは科学とセンスと情熱だ!」をモットーに、科学と伝統の両方面からのアプローチが得意な実力派の蔵元。
天山酒造(佐賀県) 【七田】 名水と蛍の里に銘酒あり。酒造りに理想的と言われるその水を用い、蔵人自ら育てた山田錦や地元農家による酒米など地元のお米の旨味を最大限に引き出す酒造りを目指しています。IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)トロフィー(最高金賞)、全国新酒鑑評会金賞、Kura Master第1位など、そうそうたる受賞歴を誇る蔵元。
さくら酒店オリジナルブレンドシリーズ 【ブレンド SAKE】Makuakeで252万円調達!コロナ禍で蔵で売れ残った日本酒をブレンドして商品化!日本各地の酒蔵がバトンのように日本酒を繋いで醸しました。

おすすめ商品
RECOMMENDED ITEMS