東洋美人 地帆紅(ジパング) 限定大吟醸 生 1800ml
山口県内限定酒が、ご要望の多さに数量限定にて全国リリース!フルーティで日本人の心に響くお米由来の甘みや透明感を感じます
東洋美人 地帆紅(ジパング) 限定大吟醸 生 1800ml
3,850円(税350円)
38 ポイント還元
35SKT01501411
東洋美人 地帆紅(ジパング) 限定大吟醸 生 1800ml
3,850円(税350円)
38 ポイント還元

山口県内限定酒が、ご要望の多さに数量限定にて全国リリース!フルーティで日本人の心に響くお米由来の甘みや透明感を感じます


山田錦を40%まで磨き、フルーティで日本人の心に響くお米由来の甘みや透明感を感じさせる味わいを表現。

山口県内限定流通であった限定酒ですが、ご要望が多く数量限定にて全国リリース。

その中でも、新米を使用して搾りたての生バージョンがお目見え。

日本最大規模の日本酒審査会「SAKE COMPETITION 2014」のFree Style部門で堂々の第1位を獲得。

また、山口県での日露首脳会談で唯一の日本酒として当蔵のお酒が振る舞われるなど、その品格の高さと味わいの綺麗さが高く評価されています。

蔵元紹介

東洋美人は「稲をくぐり抜けた透明な水でありたい」。

そう語る蔵元兼杜氏の澄川宜史さんは、かの「十四代」醸造元・高木酒造さんで修行し、若手No.1の造り手とも称された存在です。

地元契約栽培の山田錦を始め、酒未来、愛山、雄町などといった個性あふれるお米から色気のある妖艶な酒を生み出し、日本のみならず世界中のファンを魅了してきました。

そんな人気蔵を襲った2013年7月28日の集中豪雨。
2メートル近い土砂に飲みこまれ、壊滅的な被害を受けながらも、全国の同志による支援のもと、懸命の復旧作業によって奇跡の復活を果たしました。

蔵は生まれ変わり、原点である「酒造りができる喜び」を胸に再び走り始めました。

豪雨災害の翌年のSAKE COMPETITIONでは、見事カムバックの第1位を獲得。

そして2016年、山口県で行われた日露首脳会談では、蔵元最高峰の「東洋美人 壱番纏 純米大吟醸」が食事会で振る舞われ、プーチン大統領が公式会見で名指しで絶賛するほどでした。

商品名・容量 東洋美人 地帆紅(ジパング) 限定大吟醸 生 1800ml
蔵元 株式会社澄川酒造場(山口県)
アルコール度数 16%
使用米 山田錦
精米歩合 40%
おすすめの温度 5-10℃
おすすめの酒器 大ぶりのワイングラス
相性の良い料理 白身魚のお造り、野菜のお浸しなど
▼ 味わい
ライト フレッシュ フルーティ ソフト
 
シャープ ドライ スイート リッチ