【バナナ×リンゴ】モダンスタイルの完成形!?爽やかな果実香と、舌の上を転がる優しい甘み。柔らかなボディが心地いい
【ブレンドSAKEァ朧揃欷廖澳┨版 720ml
4,070円(税370円)
40 ポイント還元
購入数

39AMB01401121
【ブレンドSAKEァ朧揃欷廖澳┨版 720ml
4,070円(税370円)
40 ポイント還元

【バナナ×リンゴ】ピーチを思わせる爽やかな果実香と、舌の上を転がる優しい甘み。軽やかで柔らかなボディが心地いい

日本各地の酒蔵と共同開発!
蔵から蔵へバトン=日本酒を繋ぎ、ブレンドを繰り返して日本一周する「ブレンド・リレー」プロジェクト。
その5ヶ月目にお届けしたブレンド酒がオンラインショップでリリース!

安芸虎(モダン/バナナ)×寒紅梅(モダン/リンゴ)

両者ともに純米吟醸でモダンなテイストを持つ、
いわば似た者同士の掛け合わせ。
その違いは、
バナナ系の香り(酢酸イソアミル)を持つ安芸虎に対して、
寒紅梅はリンゴ系の香り(カプロン酸エチル)が主体。
それぞれ異なる性格を持つ香味がどう調和するかが、
このブレンドのテーマです。
口に含んだ瞬間に広がる
ピーチを思わせる爽やかな果実香と、
舌の上を転がる優しい甘み。
ボティは軽やかで柔らか、
後味は程よい酸でキリっと引き締まります。

まさにモダンスタイルの完成系を見ているようです。

Makuake 252%達成の「ブレンド・リレー」とは?

・酒蔵応援企画!コロナ禍により、出荷できず売れ残った銘酒に“ブレンド”という新しい価値を。
・日本各地の酒蔵と共同開発。蔵の垣根を越えてつくる新しい日本酒を、月に1本お届けします。
・マイナス5℃で貯蔵するという徹底した品質管理で、ブレンド酒をじっくり調和させ飲み頃の状態に!
プロジェクトの詳細はこちら

蔵元紹介

バトンをもらう方(製造蔵):有光酒造場(高知)

創業明治36年(1903年)。
酒どころ・高知県は安芸市の、
鮎の美味しいことで知られる清流・赤野川の河口付近に
蔵は位置します。
わずか数百石の小さな蔵ですが、
冒険心と遊び心を持った小回りの利いた酒造りが特徴です。
他では見かけない洗米機は、
コインランドリーの洗濯機からアイデアを得た特注品。
麹室ではルンバが掃除をしてくれます。
昔ながらの酒槽(さかふね)という木製の搾り器で
じっくり丁寧に搾った酒は、
旨味と酸味のバランスに優れた癒し系。
高知という辛口全盛の地で、辛さではなく、
人を和ませる優しさや柔らかさのある酒を目指しています。

バトンを渡す方:寒紅梅酒造(三重)

安政元年(1854年)創業。
かつてお伊勢参りの旅人が盛んに行き交っていた
伊勢別街道沿い(三重県津市)に蔵を構えます。
現蔵元の増田明弘さん(写真右から2人目)を中心に、
家族の手造りから生まれる寒紅梅は、
その名の通り梅酒が主力商品でしたが、
2010年、全国の酒蔵から先生と慕われる醸造者に
技術指導を受けたことで、
日本酒の芽が一気に開花しました。
また、毎年インターンシップで
三重大学の学生たちを蔵に招き、
酒造りを体験してもらう取り組みもしています。
彼らの若い感性を取り入れた新商品も生まれ、
そのお酒は今や海を渡り、
海外のお客様にも喜ばれています。


商品名・容量 【ブレンドSAKEァ朧揃欷廖澳┨版 720ml
蔵元 有限会社有光酒造場(高知)
アルコール度数 15%
使用米 非公開
精米歩合 55%
おすすめの温度 10℃前後
おすすめの酒器 小ぶりの白ワイングラス
相性の良い料理 ゴーヤと豚肉炒め、モロヘイヤとオクラの梅肉和え、豚冷しゃぶアボカドサラダ
▼ 味わい
ライト フレッシュ フルーティ ソフト
シャープ ドライ スイート リッチ
 
この商品を購入する