亡き恩師の言葉を胸に。酒造り一筋に生きていく「醇道一途」
東洋美人 醇道一途(じゅんどういちず) 限定純米吟醸 雄町 1800ml
3,300円(税300円)
33 ポイント還元
購入数

35SKT01414311
東洋美人 醇道一途(じゅんどういちず) 限定純米吟醸 雄町 1800ml
3,300円(税300円)
33 ポイント還元

亡き恩師の言葉を胸に。酒造り一筋に生きていく「醇道一途」


2013年7月の豪雨災害から、
酒造りができる喜びという「原点」シリーズ、
そしてそこから一歩を踏み出す強い意志の表れた
「ippo」シリーズを経て、第三ステージへ。

その名も「醇道一途」。

澄川氏が22年前に澄川酒造場へ戻った際、
一年だけ杜氏に復帰され、
酒造りのみならず蔵元としてのあり方、
人としてのあり方を教わった亡き恩師、
但馬杜氏「米田幸市」氏の言葉です。

「何があろうと、今もこれからも酒造り一筋に生きていきなさい」

という米田杜氏の最後の言葉を胸に醸される
限定の純米吟醸。
季節ごとに異なる酒米でお届けします。

蔵元紹介

東洋美人は「稲をくぐり抜けた透明な水でありたい」。
そう語る蔵元兼杜氏の澄川宜史さんは、
かの「十四代」醸造元・高木酒造さんで修行し、
若手No.1の造り手とも称された存在です。
地元契約栽培の山田錦を始め、酒未来、愛山、雄町などといった
個性あふれるお米から色気のある妖艶な酒を生み出し、
日本のみならず世界中のファンを魅了してきました。

そんな人気蔵を襲った2013年7月28日の集中豪雨。
2メートル近い土砂に飲みこまれ、
壊滅的な被害を受けながらも、
全国の同志による支援のもと、
懸命の復旧作業によって奇跡の復活を果たしました。

蔵は生まれ変わり、
原点である「酒造りができる喜び」を胸に
再び走り始めました。
豪雨災害の翌年のSAKE COMPETITIONでは、
見事カムバックの第1位を獲得。
そして2016年、山口県で行われた日露首脳会談では、
蔵元最高峰の「東洋美人 壱番纏 純米大吟醸」が
食事会で振る舞われ、
プーチン大統領が公式会見で名指しで絶賛するほどでした。

商品名・容量 東洋美人 醇道一途(じゅんどういちず) 限定純米吟醸 雄町 1800ml
蔵元 株式会社澄川酒造場(山口県)
アルコール度数 16%
使用米 麹米: 山田錦、掛米: 雄町
精米歩合 非公開
おすすめの温度 5-10℃
おすすめの酒器 小ぶりの白ワイングラス
相性の良い料理 メカジキ炙り焼き、きんぴらごぼう、バジルとモッツァレラチーズのピッツァ
▼ 味わい
ライト フレッシュ フルーティ ソフト
 
シャープ ドライ スイート リッチ
     
この商品を購入する