【限定1セット】「精米歩合0%台」の究極の日本酒を2年連続で飲み比べてみよう!
【11/20入荷分 予約販売】「零響(れいきょう)」2020・2021 ヴィンテージ飲み比べセット500ml×2
808,500円(税73,500円)
8085 ポイント還元
購入数

sakeset62
【11/20入荷分 予約販売】「零響(れいきょう)」2020・2021 ヴィンテージ飲み比べセット500ml×2
808,500円(税73,500円)
8085 ポイント還元

【限定1セット】「精米歩合0%台」の究極の日本酒を2年連続で飲み比べてみよう!


予約殺到の超高級酒「零響(れいきょう)」。
マイナス5℃でじっくり緩やかに熟成されたヴィンテージ酒がどのような世界を魅せてくれるのか、ぜひ貴方自身でお確かめ下さい。

精米歩合0%台という新境地
究極とは何か? これが一つの答えかもしれません。
221日という精米時間の末に辿りついた精米歩合0%台という新境地。
新澤醸造店の数少ない特約店の中でも、7%精米シリーズである
「残響」・「NIIZAWA KIZASHI」・「NIIZAWA」の販売実績が上位の特約店だけが扱えるシークレット商品です。

一瞬の儚さが日本酒の新しい世界への扉を開く
緻密な醸造過程とマイナス5℃の氷温熟成を経て完成されるその味わいは限りなくクリア。
葡萄や苺を思わせるやさしい香りとベルベットのように滑らかで
しっとりとしたアタックが口の中を花火のように彩ったかと思えば瞬時に消え去り、
残るはほのかな余韻のみ。
後味を追いかける間もなく消えゆく、ゼロが奏でる儚いメロディーをお聴きください。
マイナス5℃での長期熟成も可能です。

マイナス5℃で日本一の品質管理
日本酒は搾った瞬間から劣化が始まります。
その劣化を防ぎ、本来の味わいを最も長く保つことのできる温度が、日本酒が凍り始める一歩手前の「マイナス5℃」なのです。
さらにマイナス5℃で長期間じっくり熟成させることで、フレッシュさを保ちながらも、角の取れたまろやかな味わいを生み出すことができます。




商品名・容量 「零響(れいきょう)」-Absolute 0- 500ml
蔵元 株式会社新澤醸造店(宮城県)
アルコール度数 16%
使用米 蔵の華(宮城県産契約栽培米)
精米歩合 【2020】1%未満(0.85%)
【2021】1%未満(0.85%)
おすすめの温度 10℃→15℃
おすすめの酒器 大ぶりのワイングラス
相性の良い料理 脂の乗った白身のお造り、 旬の貝類、 牛タン、 ヴィシソワーズ、 ブルーチーズ、 メロンなど
▼ 味わい
ライト フレッシュ フルーティ ソフト
   
シャープ ドライ スイート リッチ
     
この商品を購入する