【予約販売】寒紅梅 純米吟醸 AKI ふくろう 720ml【8/25ごろ発送開始】
ブドウのようなジューシーな旨味と弾ける酸!秋の限定酒
【予約販売】寒紅梅 純米吟醸 AKI ふくろう 720ml【8/25ごろ発送開始】
1,540円(税140円)
15 ポイント還元
購入数

24KKK01411121
【予約販売】寒紅梅 純米吟醸 AKI ふくろう 720ml【8/25ごろ発送開始】
1,540円(税140円)
15 ポイント還元

ブドウのようなジューシーな旨味と弾ける酸!秋の限定酒


ブドウのようなジューシーな旨味と弾ける酸が軽やかに舌を滑り、すっと後味は消えていきます。

一夏を越してほんのり熟成感を感じさせつつも張りのあるボディにフレッシュさも併せ持った秋の限定酒です。

万花の魁をなして咲く香り高く色美しい梅の花のように、綺麗で爽やかな酒になるよう「寒紅梅」と命名しました。

季節によってラベルのモチーフが変わる動物シリーズは、冬はシロクマ、春はうさぎ、夏はペンギン、秋はふくろうがお届けします。

蔵元紹介

安政元年(1854年)創業。かつてお伊勢参りの旅人が盛んに行き交っていた伊勢別街道沿い(三重県津市)に蔵を構えます。

家族の手造りから生まれる寒紅梅は、その名の通り梅酒が主力商品でした。

現蔵元の増田氏本人もあまり自社の日本酒を飲むことはなかったと言います。

それが2010年、多くの酒蔵から先生と慕われる、元「東一」蔵元の醸造責任者・勝木慶一郎氏の技術指導を受けたことで、日本酒の芽が一気に開花。

世界最大規模の日本酒審査会・SAKE COMPETITIONや、三重県の鑑評会で上位に名を連ねるようになり、2016年3月にはJAL国際線ファーストクラスのラウンジ(成田・羽田)にもオンリストされました。

また、毎年インターンシップで三重大学の学生たちを蔵に招き、酒造り体験を実施。

彼らの若い感性を取り入れた新商品も生まれ、そのお酒は今や海を渡り、海外のお客様にも喜ばれています。

商品名・容量 寒紅梅 純米吟醸 AKI ふくろう 720ml
蔵元 寒紅梅酒造株式会社
アルコール度数 15%
使用米 国産米
精米歩合 60%
おすすめの温度 5~10℃前後
おすすめの酒器 小ぶりのワイングラス
相性の良い料理 小芋のおかき揚げ、海老の天ぷら、冬瓜のそぼろ餡かけ
▼ 味わい
ライト フレッシュ フルーティ ソフト
   
シャープ ドライ スイート リッチ
この商品を購入する

おすすめ商品
RECOMMENDED ITEMS